青森支部総会報告



 平成26年8月3日(日)14時00分から同窓会青森支部「青森三扇会」第4回総会並びに懇親会が
「ラ・プラス青い森」で開催され、40名を超える同窓生が出席されました。この日の青森市内は、この夏一番の暑さでした。
 大学からは木理事長、石川学長、同窓会本部からは市川同窓会長、富沢副会長、清水副会長、北島副会長が出席されました。
 第4回総会は、杉本会長の挨拶ではじまり、木理事長、石川学長、市川同窓会長から祝辞をいただき、その後「活動経過」「議案審議」がなされ、満場一致で承認されました。総会のあとの懇親会では、同窓生同士が近況を話したり、学生当時の話しをしたりと終始和やかなムードで会は進みました。また、青森の銘酒「田酒」が振舞われ、口触りがよく、とても飲みやすく美味しくいただくことが出来ました。
 最後は、山道金悦さん(=平成元年卒)の生トランペット演奏のもと、同窓生全員による学歌斉唱で会が終了しました。
 懇親会終了後、杉本会長のご計らいで「ねぶた祭」に参加させていただけることになり、大学関係者全員が「ハネト」と呼ばれる衣装に着替え、「ラッセ、ラッセ、ラッセラー」の掛け声のもと、ねぶたの
運行に合わせて市内を巡行しました。普段味わえない貴重な体験をさせていただけたことに心より感謝申し上げます。