桐生支部総会報告


 

 毎年度最初に催す桐生支部総会が、盛大に開催されました。大学から高木理事長と石川学長が、同窓会から杉浦副会長と富沢群馬支部長が出席しました。
 会場は明治から大正時代に建てられた桐生市東久方町の古民家(旧斎嘉(さいか)織物)を再生した店舗で行われました。古民家は4町の境界に位置し、 かつて「四辻(よつじ)の斎嘉」と呼ばれたことから、建物の名称の由来となったそうです。 1878(明治11)年建築の蔵や1916(大正5)年建築の住宅に加え、工場やテニスコートの跡地を有し、造りの豪華さが当時の桐生織物の繁栄を物語っているようでした。