飯田支部総会報告


 紅葉と干し柿が絶景の季節に第2回定期総会が開催され20名の関係者が来会しました。
 総会で伊藤会長は「今後、飯田から長野県内の支部を立ち上げるための活動を発信していきたい」と長野県全体を見据え、本部から初参加の桐生支部長でもある清水副会長は「桐生支部と飯田支部は環境がとても似ている。飯田から長野県支部設立を盛り上げてもらいたい」と桐生と飯田の新たな協力関係が生まれました。
 懇親会で恒例となった自己紹介では、紅一点2年前に卒業したばかりの女性会員に注目が集まっていました。母校では長野県出身の学生も女子学生も増えていますので、群馬県に次ぐ出身県別学生数第2位の長野県の動向に今後目が離せなくなりそうです。