札幌支部総会報告



 第42回定期総会並びに懇親会が京王プラザホテル札幌で開催されました。震災の影響もあり参加人数は約70名と例年より少ないようでしたが、大学から木理事長、石川学長、市川同窓会長が来賓として参加して総会を盛り上げていただきました。
 岸会長は「燦然と輝く大学の未来を想像できる同窓会としていきたい」と力強く挨拶し、就業力育成支援事業やたかさき架け橋基金への協力を約束していただきました。初参加となった木理事長は「法人化により機動性・弾力性が高まり組織のまとまりが強まってきている。卒業生が誇っていただける大学にしたい」と、また石川学長は「来年はホームカミングデイを開催したい。北の大地から狼煙を上げてもらいたい」と大学の近況報告がありました。
 懇親会では毎年恒例となっている群馬県名産品の抽選会が行われ、第二の故郷を懐かしんでいました。