静岡県就職支援相談会

 会場の「東海軒」は、JR静岡駅から2分ほどで利便性がとてもよく、相談会の開始は15:00の予定であったが、30分ほど前に会場に入るとすでにほとんどの学生が着席していた。今回参加した学生は7名で、すべて静岡県内の出身者で地元就職を考えている。相談会の第1部は、若杉静岡支部会長のあいさつに始まり、出席者したOBが自己紹介を行った、参加したOBは20代からすでに退職した方まで13名で、職業は静岡県庁、市役所、銀行の現職などのほか、元職および現職の企業役員の方などが参加していた。続いて、参加学生が自己紹介と併せて今回の参加している先輩への質問を行った。その後、学生からの自由質問やOBから地元での元気のある企業の紹介などが行われた。相談した学生が希望する業種などで、群馬県など一般では知られていない国内や県内シェア上位の企業を具体的に紹介され、これからの就職活動に役に立つ情報を得ていた。
 2部の懇親会は4名の学生が参加したが、懇親を深める中で地元の企業・就職状況をはじめ、具体的な企業、業種への活動方法などを先輩と話をしている学生もいて、とても有意義な相談ができた。また時間を区切り学生の席を変更したので、学生は様々な先輩と話をすることができていた。