四国交流同窓会報告


 徳島支部の日下支部長の提案で開催が期待されていた四国4県交流同窓会が、徳島駅前の阿波観光ホテルにて開催されました。初の試みでしたが四国4県から40名もの同窓生が集まりました。日下支部長は挨拶で「学生時代の三扇祭に四国出身の仲間たちで阿波踊りと鳴子踊りを披露したことがこの4県交流同窓会の基盤になっている。2年後には高知で開催してほしい」と高知支部にバトンを渡しました。
 総会前には、現在母校の高経大教授の久宗周二経済学部教授(S62年卒)による講演会が行われ、全国各地で衰退している中心街問題について、久宗教授が実際に取組まれている「100円商店街」の紹介がありました。100円のものを軒先に出して売るなど、ちょっとした工夫でお客さんをつかむことができたという成功事例を紹介し、「中心街でも生産者や学生などと連携しアイディアを出し合えば、街は元気に生まれ変わる」と御講義頂きました。