富山支部総会報告

 夏本番の7月25日、富山支部総会が開催されました。
 過去最多40名の参加は唐木会長を始め役員の方々のご尽力のおかげで、今後の活動が期待されます。
 昨年に引続き吉田学長が参加され「法人化を控え同窓会の協力は不可欠です」と大学との一致団結を呼びかけ、市川同窓会長は「奨学基金を設立するなど学生支援を行なっている」と本部の活動報告をされました。
 また、酒井さん(昭和38年卒)による「余暇の過ごし方」と題した講演や会員名簿についてのアンケートを行なうなど役員の方々の工夫が感じられる総会となりました。
 懇親会最後の現役応援団長金山さん(富山県出身)によるエールで、参加者全員の母校を思う気持ちがひとつになりました。