札幌支部総会報告

同窓生の演奏会の様子
 

平成20年10月3日午後6時30分から、大通公園の近くの「北海道経済センタービル」にて、第39回札幌支部定期総会及び懇親会が開催されました。
この時期の札幌は、街路樹の「ナナカマドの実」は赤く熟していましたが、紅葉は、まだまだ先のようです。 総会には、昭和37年卒の3回生から平成18年卒の47回生まで、80名近くの同窓生が集まり、同窓会本部からは、市川会長、大学からは、吉田学長が出席しました。田上会長の挨拶の後、議事の会計報告等に入りました。総会終了後の懇親会では、市川会長と吉田学長をかこんで、当時の賄いつきの下宿での生活や、地元企業への就職活動の困難さなどを語らい、楽しいひと時をすごしました。また、「懐かしい群馬県産品が当たる抽選会」で、ぐんま名産の「こんにゃく」を手にした当選者は、高崎での「おでん」を思い出していたようです。最後に学歌を斉唱し和やかなうちに終了しました。

懇親会の様子
抽選会の様子

80名近くの大規模な総会・懇親会